top of page
  • 執筆者の写真北井 遼太

「枚方市分譲マンション管理適正化推進計画(案)」へのパブリックコメント

枚方市分譲マンション管理適正化推進計画

 2023年6月、「枚方市分譲マンション管理適正化推進計画(案)」へのパブリックコメントが募集され、以下の意見を提出しました。


 2020年6月に「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」が改正され、地域の実情を踏まえた上で、マンションの管理適正化を計画的に促進することが規定されています。


 枚方市では、築40年を超える分譲マンションが多く存在しており、将来的にも増加することが見込まれています。また、新たな分譲マンション建設も進められているなど、幅広い年代の分譲マンションが市内に存在しており、今後、それらの適正な管理を促進するために、管理組合等への働きかけを行うなど必要な施策等を講じることが求められています。


 2022年度に実施された市内の分譲マンションの現況や管理の状況についての実態調査の結果を踏まえた上で、分譲マンションにおける良好な居住環境を確保するとともに、地域の活力を高め、魅力あるまちづくりを推進することを目的に、この度、枚方市分譲マンション管理適正化推進計画(案)がとりまとめられ、パブリックコメントが実施されました。


【パブリックコメント】


 24ページ「(1)助言、指導及び勧告を行う際の判断の基準の目安」の「4.長期修繕計画の作成及び見直し等」に「バリアフリー未対応をできる限り解消する」を追加していただきたい。


 特に私が重要視するのは、マンションのあらゆる場所における段差です。数年前に重度の身体障害者である私が住居を探していた際は、段差によって電動車いすでの生活が困難だと判断し入居を諦めた賃貸マンションがとても多かったです。現在入居しているマンションも、複数ある段差にスロープを設置してカバーしながら生活している状態です。電動車いすの場合、部屋の中や玄関等に段差があるだけで生活がとても困難になります。


 マンションのエントランスや各部屋に段差を作らない、スロープの形状にするというバリアフリー対応を推進する計画にしていただきたいと思います。


 ご検討よろしくお願いいたします。


【パブリックコメントに対する枚方市の考え方】


 マンション管理に関する助言、指導及び勧告は、マンションの管理運営というソフト面が機能していないと考えられる場合に行います。


 バリアフリー化については、新築時にバリアフリー法や大阪府福祉のまちづくり条例を遵守するとともに、既存マンションにおいて大規模修繕工事を行う際に合わせて工事を検討するなど、助言や周知啓発に努めてまいります。



北井 遼太


枚方市分譲マンション管理適正化推進計画(案)
.pdf
Download PDF • 2.00MB

「枚方市分譲マンション管理適正化推進計画(案)」についてのパブリックコメント(結果公表)
.pdf
Download PDF • 375KB

閲覧数:80回0件のコメント
bottom of page