• 安田 雄太郎

枚方市ガイドヘルパー養成研修で講師


枚方市ガイドヘルパー養成研修

 2021年3月6日、枚方市が主催し、枚方市自立支援協議会が実施する、枚方市ガイドヘルパー養成研修がラポールひらかたで行われ、講師としてお話させていただきました。


 以下、レジメの一部を紹介します。


◆ガイドヘルパーの役割


・障害当事者の生活を最も近いところで支え、当事者の人生に大きな影響を与える仕事。当事者の人生に影響を与えるということは、その人が関わる人々と社会にも影響を与える。


・コロナ禍を契機に「集団ケアから個別ケアへの転換」「医学モデルから社会モデルへの自立観の変革」


・京都ALS患者嘱託殺人事件と「尊厳死・安楽死」について


・あんゆうのスローガン=【障害者の自立をユニバーサル社会の創造力へ】


・福祉従事者は支援者なのか?

 差別の構造や関係性の変革を意識しないビジネスとしての「専門家」が多数派。


・一人ひとりの障害者の【地域で生きる】というメッセージがなければ、行政も社会も変わらない。障害当事者のエンパワーメントが必要不可欠。


・当事者のニーズやメッセージを読み取り主体性・自己決定を尊重することは、決して簡単なことではない。


・介護現場における一つ一つの選択が、社会の有り様を決定していく、重要な選択であると思います。

 

安田雄太郎

閲覧数:124回0件のコメント