top of page
  • 執筆者の写真安田 雄太郎

高橋昌子氏の講演ー障害者差別解消法と合理的配慮の義務化 ~ 事例から考える障害者の権利

高橋昌子

 2024年5月24日、枚方市総合文化芸術センター別館で、枚方市障害福祉サービス事業者連絡会の2024年度総会と記念講演を開催しました。約100名の参加がありました。


 障害者差別解消法が2021年に改正され、今年4月から「合理的配慮」が国や自治体だけでなく、民間事業者にも義務化されました。また、内閣府は昨年10月、障害当事者や家族、事業者、自治体からの相談に対応する「つなぐ窓口」を開設しています。


 枚方市では、身近な地域で主体的に障害者差別に関する相談や、解決への取り組みを行うためのネットワーク組織として、2016年に「枚方市障害者差別解消支援地域協議会」が設置されています。法改正を受けて、相談・解決機能のさらなる強化が求められていると思います。


 記念講演では、弁護士で「枚方市社会福祉審議会 障害福祉専門分科会」の委員でもある高橋昌子さんをお招きし、「障害者差別解消法と合理的配慮の義務化」をテーマに、ご講演いただきました。私たちが支援する当事者の障壁(バリア)を取り除き、暮らしやすい社会をつくるため、改正障害者差別解消法をいかに活用していけるのか、考える機会となりました。


安田 雄太郎



2024年度第1回枚方市障害福祉サービス事業者連絡会 案内
.pdf
ダウンロード:PDF • 111KB

高橋昌子

閲覧数:5回0件のコメント

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page